手作りの保存食

美味しい手作り保存食の作り方

消費期限が短い食材でも、オイルに漬けて加工することで美味しい手作り保存食として活用できます。
加工に使用するのはオリーブオイルが一般的です。
魚や野菜など、なんでもオイル漬けに加工できますが、オイルに漬ける前には食材をよく洗い、食材を洗い終わったらキッチンペーパーで水気を拭き取ります。
オイル漬けは長期間保存するので、雑菌が繁殖しないように注意をはらいます。
オイル漬けを入れておく容器は、食材を漬ける前に熱湯で消毒します。
熱湯消毒するために高温に弱いプラスチックなどの素材は避けて、瓶を容器に使用するのが基本です。
瓶は耐熱性に優れていること以外にも、透明でオイル漬けにした食材の状態を確認しやすいメリットがあります。
きのこなどの野菜は漬けておくと旨味が凝縮されおかずに最適で、食材として消費期限が最も短い部類のイワシも、圧力鍋で加熱してからオイル漬けにすると、冷蔵庫に入れておけば2週間近く保存が可能です。

手作りしよう!保存食

保存食と聞いて、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。
災害時用の乾パンなどを思い浮かべるという方も、多くいるかもしれません。
また人によっては保存がきく食料は味がよくないというイメージを持っているのではないでしょうか。
ですが、保存食だからといって乾パンのようなものとは限らず、味もワンパターンのようなこともありません。
またお店で販売されているもの以外にも、自分で保存がきく食料を作るという選択肢もあります。
自分で作ることによって、自分好みの味の食料を用意しておくことができるので、いざと困った時の食糧でも自分の口に合ったものを食べることにつながります。
手作りの食料を保存がきくようにするためには、いくつかのポイントが存在しています。
保存食を作ったことがない人にとっては難しく感じるかもしれませんが、だれでも簡単に作ることが可能です。
初めての場合には、どのような点に気を付ければいいのか本などで調べてから作ってみることが大切です。

Last update:2017/2/23

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>