保存期間

保存期間や加工方法は様々・保存食とは

保存食は、長期間保存しても品質が変化しない食品です。
生鮮品とな異なり、製造・流通の課程で、品質劣化や外部環境からの影響を抑えるために、特殊な加工が施されています。
災害時の非常食、日常的にもインスタント食品やレトルト食品に、その加工技術は活用されています。
旬の時期しか食べられなかった食品が、保存可能の状態にすることで、1年中好きな時に食べられるようになり、栄養を添加したり調理法の幅も広がるなど、保存食は食生活の変化の要因ともなっています。
食品製造工場で大量生産される食品だけではなく、家庭でも一定期間保存可能な食品を加工することもあります。
自宅で採れた農作物を乾物にして保存性を高め、そのまま、または下準備をした上で小分けにして冷凍することで、使いたい時にすぐに利用できる、一旦冷凍することで美味しくなるなどのメリットがあります。
一度に食べきれない食品を保存食に加工すると、食品ロスの削減効果もあります。

保存食の保管方法と保存できる期間について

保存食は災害などの非常時に手軽に摂取できるように加工された食品を指します。
多くの製品は真空状態で封入されているので年単位での長期の保管が可能ですが、温度の変化や衝撃などによって品質が劣化してしまうことがあるので保管場所に気を配ることが大切です。
また、保管できる期間は製品によって異なるので、購入する際は事前に設定されている賞味期限を確認するように心がけます。
一般的に保存食は缶詰やレトルトパウチなどの容器に封入されている物が多いので、容器が劣化しない環境を選んで置きます。
特に湿気が多いと品質が劣化しやすいので、通気性が良く温度が極端に変動しない暗所が最も適しています。
市販の食品を代用する場合、缶飲料は一度加熱や冷却を行うと内容物の劣化が早まるので長期の保管には向かない点を注意する必要があります。
また、魚や肉類などの缶詰も製品によって保存できる期間にばらつきがあるので取扱いには細心の注意を払うことが大切です。

recommend

リースバックを依頼
https://www.ams-tokyo.co.jp/leaseback/

最終更新日:2016/6/9

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>