お菓子の保存

市販のお菓子を保存食に用いる際の心得について

保存食は災害などの非常事態に備えて長期間備蓄する食品を指します。
用途の性質上、長期間の保管でも品質が劣化しないことが重要な条件になるので購入の際には注意が必要です。
特に水分が多い食品は冷暗所に置く必要があることから、冷蔵庫などの保温設備が使用できない状況での保存には向かない点を把握することが大切です。
市販のお菓子は乾燥処理された物が多いことから賞味期限が長く設定されている物が多数を占めますが、油で揚げているものや乳製品で味付けしている物は劣化しやすいので注意します。
また、内容量に比べて包装が大型の製品も多いことから、限られたスペースに保存食を備蓄することを考慮して慎重に選択することが大切です。
保存食用に加工されたお菓子は小さい容器に必要量が封入されている他、一般の市販品よりも賞味期限が長く設定されている利点があります。
その一方で販売価格が割高なので、他の備蓄用品を購入する際は予算を検討するように心がけます。

お菓子の保存食とは!?

お菓子は、世界中で愛されている嗜好品のひとつですが、使用方法によっては保存食にもなりうるために非常に注目されています。
日本では特に災害が全国で巻き起こっているために、用意しておきたいものですが震災の際に役に立つセットの中にもお菓子が含まれています。
それは、ビスケットや乾パンが挙げられます。
これは、乾燥しているために賞味期限、消費期限共に長持ちするものであり非常に便利なものとして注目されているのです。
乾パンは主流でしたが、今では普通のパンでも保存食として販売されていることがあります。
菓子パンとして販売されているのですが、震災が起きたときには食料を確保することが非常に難しいとされています。
そういったときに、お菓子があると等分を摂取することができますから、飢えをしのぐ事もできるわけです。
保存食ということもあって、味の心配がありますが缶につめているために独特の臭みもなくおいしく食べることができます。

Valuable information

豊中市で歯医者を探す
http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

2015/12/17 更新

『保存食 お菓子』 最新ツイート

@black_shinri

いざ!鬼退治に出発するあなた。一つだけ保存食として持って行けるとしたらどのお菓子を選ぶ? ①シンプルなミルクチョコレート ②頭がシャッキリするミントガム ③気持ちが落ち着く棒付キャンディー ④お腹がふくれるビスケット 結果→https://t.co/vLB7dkxzYD

9時間前 - 2017年03月30日


@zatugaku0515

クッキーの豆知識】クッキー(アメリカ)は、糖分、脂肪分の合計が40%以上のもので、主に絞り出し、手づくり風のお菓子。ビスケット(イギリス)は、小麦粉、糖類、油脂を主原料にして焼いたもので、主に型抜き、保存食。サブレ(フランス)は、クッキーとほぼ同じ。主に型抜き

18時間前 - 2017年03月30日


@yakudatizatsu

【クッキーの豆知識】クッキー(アメリカ)は、糖分、脂肪分の合計が40%以上のもので、主に絞り出し、手づくり風のお菓子。ビスケット(イギリス)は、小麦粉、糖類、油脂を主原料にして焼いたもので、主に型抜き、保存食。サブレ(フランス)は、クッキーとほぼ同じ。主に型抜き

1日前 - 2017年03月29日